内部参照の問題

翻訳作業の進行管理を現在のクローズドな Bitbucket のままにするか、フルオープンな Github に移行するかという問題。

Github フレーバーの markdown でも、自動でリンクが生成されないとはいえ、Github 上のファイルをブラウザで見ると脚注がちゃんと表示されることがわかった。

なら、Github フレーバーでいいんじゃないか、とも思うが、『ル・ギード・キュリネール』の場合、電子文書(なんかお役所的な表現だなぁ)としても、紙の本の原稿としても成立させられるフォーマットとして考えたとき、内部参照の問題がどうしても出てくる。

たとえば、原書425ページに出てくる「牛フィレ フィナンシエール」のレシピの原文は……

続きを読む 内部参照の問題

『ル・ギード・キュリネール』新訳プロジェクトに Bitbucket を使う理由

翻訳作業の協力を募っていて、手を挙げてくださる方もいるのだが、バージョン管理に用いている Bitbucket と markdown 書式対応エディタ(Atomなど)あたりの問題が、敷居を高くしているんじゃないかと危惧している。

そんなわけで、なぜ翻訳作業に、本来はプログラム開発用のツールである Bitbucket を使っているのか、簡単に説明しておく。メリットは、ファイルに手を加えて「コミット」(=サーバーにあるファイルに対して変更を提案すること、新規にファイルをアップロードすること)すると、それが記録されて、前の状態のファイルと違うところを色違いで表示してくれる。

以下はスクリーンショットなのでちょっと見辛いかも知れないが、

続きを読む 『ル・ギード・キュリネール』新訳プロジェクトに Bitbucket を使う理由

「頑張れ!」は辛いけれど「出来る範囲でいいから一緒に頑張ろう」なら……

僕としては珍しく、プライベートにかかわる事を書きます。あと、公に書いちゃマズいかどうか微妙なことも。だから、訂正する可能性はあります。

比較的よく知られていることだと思うけれど、「うつ」の人に「頑張れ」は禁句。やる気が出ないというのも、個人的な経験で言えば、病気が悪化するにつれ、意欲さえ持てないことそれ自体が常に辛くてしょうがなくなってくる。というか、断続的に「生きててスミマセン」な状態が続いたりする。

そんな時に「頑張れ」と言われると、頑張れない自分の存在そのものがいけないんだろうという気分になって、余計に沈んでしまう。

でも、快方に向っていくにつれて、自分から「頑張ってみようか」と思ったりするのだから不思議なものだ。

続きを読む 「頑張れ!」は辛いけれど「出来る範囲でいいから一緒に頑張ろう」なら……

エスコフィエ『料理の手引き』翻訳作業協力者を募集します

当面のあいだ、この投稿をトップに表示させてください。

以下の文も先日FBに書いたものですが、あらためて自分のブログで公開します。


エスコフィエ『ル・ギード・キュリネール』英訳本の第5版にはヘストン・ブルメンタールが序文を寄せています。カバーには “We eat as we eat because of Escoffier” とあります。ヘストンはその序文で自らを “self-taught chef” だと言っています。フランス料理業界的な日本語だと「独学者」とか「オートディダクト」ですね。

その self-taught chef、日本で一般むけには「奇想天外な料理を作るシェフ」みたいに紹介されることも多いようですが、ものすごくいろんな店で食事をし、ものすごくたくさんの料理書を読んで、当然ながらそれらの料理書にあるレシピをいろいろ作ってみて、その結果として self-taught chef になったわけです。

その序文の中ですごくいいことを書いているので、一部だけ日本語に訳して引用させてもらいますと……

続きを読む エスコフィエ『料理の手引き』翻訳作業協力者を募集します