シュクリーヌとキャベツを露地に植えるためにゼンマルを張る

全面マルチ、通称ゼンマル。夏秋レタスの栽培様式で、専用の作業機をつけたトラクタを使う。圃場の植えるところ全面をポリフィルム(マルチ)で覆う。一条ごとに高畝になるのがポイント。

DSCN1066

DSCN1067

DSCN1068

DSCN1069

DSCN1070

DSCN1071

そもそもは ha 単位でレタスをたくさん栽培するためのものだから、こんな猫の額のごとき面積でゼンマルを使っているところなど人様にお見せするようなものでもない。が、高温期は平畝多条植えと一条高畝ではレタスの出来がくらべものにならぬほどちがう。シュクリーヌもレタスの一種だから、露地であればゼンマル一択ということになる。シュクリーヌは何度も作ってきたが、じつのところ露地で植えるのははじめて。