なぜ支援のお願いをしつこくするのか

あんまり台所事情なんて見たくもないでしょうが、ご理解いただくためにはどうしようもないのでご容赦ください(FBに投稿したものそのままです)。

数年前の大雪で、8年前に建てた農業用ハウス(約300万円)が全壊しました。このハウスとトラクタ(約300万円)を合わせて600万円を「農業近代化資金」という公的融資制度を利用して、1年据置き、年額67万円くらいの返済をしていました。が、大雪の2年前に獣害と水不足で売上が伸びず、返済見送りをお願いして認められました。
面白いことに(?)公的融資というのは、「延長」ではなく、その年に返済すべき額を残りの年数に均等割で加算します。

で、数年前の大雪です。ハウスが全壊しました。借金だけが残りました。この年も返済見送りの措置をしてもらい、さらに、緊急ということで農協から50万円借りて、後者は昨年返済終了しました。

農業用ハウスの再建には300万円ちょっとかかりましたが、政府の補助金が9割出たので、実質30万円です。ただ、この30万円すら用意できずに、また近代化資金で資金調達しました。もっとも、こちらの返済は年額3万円なのでそれほどキツくはないです。
問題は潰れてしまったハウスの残債です。昨年の今ごろの時点で残額300万円ほど。これが100万円ずつ3回です。どうにもならず、減価償却済みになったトラクタ(上記の)を80万円くらいで売却し、残りをなんとかして8月末の返済をどうにか乗り切りました。もう売れるものはないです。
ところで、いま野菜の「定期便」契約をしてくださっているホテル、レストランさんは6件、売上月額が20万円ちょっとです。ここから毎月宅急便の運賃が引かれますので、生活するのがギリギリです。

当然、季節ものでどーんと稼ぎたいわけですが、今年はプチポワが大失敗、フレーズ・デ・ボワも思ったより収量が出ず、8月末の返済までに必要金額を用意するのは無理という結論です。もちろんトマトの準備もしています。が、月末締め、翌月末払いでやっていますから、もう到底間に合わないことがわかってるんです。

で、現状はというと、家(借家ですが家賃が1万円なので修理は自分持ちです)の屋根の修理で10万円が吹っ飛びました。さらに軽トラックの車検であと5万か10万は必要になる見込みです。つまり100万円はどうしても足りない、ましてや「エスコフィエ『料理の手引き』全注解」をやりながら、というのは無茶もいいところなんです。

カネの心配というのは「うつ」にとって非常によろしくないもので、去年は自己破産か自殺か真剣に悩んで、たまたま償却済みのトラクタをそこそこの値段で売却できたから救われたような状態です。

「エスコフィエ『料理の手引き』全注解」の仕事をするということは、季節の野菜でどーんと、というのが出来ないことを意味しています。細々と定期便の取引先に迷惑をおかけしないよう維持するのがせいいっぱいなんです(僕が病気で動けなくなる時があるから限界に近いです)。

そんなわけで、皆さんに、0.2口=千円からでもいいから、とご支援とお願いしている次第です。そして、この借金の恐怖は来年の8月末まで続く、という問題があります。

こういうふうに書くと、「なんてムシのいい……だいたい翻訳は原価タダだろ、注釈だって知ってることを書いてるだけだろ」と口さがないことをおっしゃられるかも知れません。

たしかにムシのいい話なんでしょう。エスコフィエなんて放っておいて農業に専心できればいいんです。が、病気のせいでこればかりはどうにもならない。僕の中ではすべてが複雑に絡みあってしまってるんです。

ですから、お願いです。どうか助けてください。「見返り」が必要ならおっしゃってください。出来るだけのことはします。ただ、これ以上の「借金」は、いまの僕の病状からいって、返済出来る見通しが立たないので出来るだけ避けたいと考えています。

どうか心からお願いします。助けてください。