Gastronopedia

ガストロノペディア ……おもしろ料理用語集をつくろう![編集]

フランス料理をはじめとしたガストロノミーにかんする冗談 wiki。生真面目に額面どおり書いてあることを鵜呑みにしないことを推奨。「皮肉」もまた諧謔といって「笑い」の一部をなすことを学ぶべきであり、この Wiki そのものの実用性ほぼゼロ。そのため、あまり真面目な投稿は歓迎されないと肝に銘じて、じゃんじゃん執筆、編集していただきたい。ただし料理、食文化と関係のないもの、公序良俗に反する文章、記事は管理者権限で適宜削除するのでご注意を。

料理の手引き[編集]

オーギュスト・エスコフィエによるフランス料理史に残る金字塔ともいうべき名著『料理の手引き』(原題 Auguste Escoffier, Le guide culinaire, 1903-1921)のこと。「フランス料理のバイブル(聖書)」とも呼ばれるが、ヨーロッパのカトリック信者における「聖書」と同様に、通読した者が日本ではほとんどいないとても残念で気の毒な運命をたどってきた、とてもかわいそうな名著。いい翻訳がなかったからいけないのか、難解なのがいけないのかと、「エスコフィエ『料理の手引き』全注解」の執筆を企てている者もいるが、ほとんど関心を持たれていない。その意味で、「フランス料理のバイブル」の言葉は強烈な皮肉。ある意味で日本のフランス料理業界を象徴する書物。


はじめましょう[編集]

ウィキソフトウェアの使い方に関する情報は利用者案内を参照してください。この利用者案内、いきなり英語で出るからギョっとしますが、ちゃんと「日本語」と書いてあるのでそれをタップして日本語で読んでください。他のヘルプページも同様です。