『ル・ギード・キュリネール』新訳の意義とは?

大仰なタイトルを付けましたが、ひとりごとみたいなものです。FBに投稿したけど、ブログ向きかな、と。


たまたま複数の編集者さんと電話やメールでのやりとりがあって、まぁいろんな話をしたんですけど、その後ちょっと落ち着いて、オールドクロウなんて安酒でちょいと晩酌しながら、ふと、『ル・ギード・キュリネール』の新訳をやる意義って何なのか? といういまさらな疑問に立ち戻ってしまいました。

続きを読む 『ル・ギード・キュリネール』新訳の意義とは?

べ、別に日本のフランス料理業界のためなんかじゃないんだからねっ(笑

FBに投稿したものを一部(かなり?)改変してアップします。


今回のエスコフィエ『ル・ギード・キュリネール』新訳への取り組みにおいて、僕はカネ儲けをしようとは思っていません。もし出版社が動いて、翻訳料あるいは印税をくださるというのであれば断わる理由はありませんが……もちろん、その場合は原稿作成に直接協力してくださった方には応分で分配させていただきます。でも僕自身期待していませんので、協力者の方々もおカネの面での期待はなさらないでください。そもそも、紙の本として出版出来る可能性は現状、かなり低いと思っていたほうがいいでしょう。

じゃあ何故いまごろになって、とか、ロハ覚悟でどうして? という疑問は当然のことだと思います。

続きを読む べ、別に日本のフランス料理業界のためなんかじゃないんだからねっ(笑

こういうの「悪文」って言っていいかなぁ

『ル・ギード・キュリネール』第二版への序文の冒頭

Au seuil de la deuxième édition d’un ouvrage auquel la faveur de nos collègues assura un succès dépassant nos plus ambitieuses espérances, ce nous est un impérieux devoir d’exprimer à ceux-ci notre profonde gratitude et de remercier nos lecteurs; aussi bien ceux dont nous avons recueilli les précieuses approbations que ceux qui nous honorèrent de critiques utiles, dont nous nous sommes efforcés de tenir compte dans la mesure où elle nous on paru justifiées. (p.VII)

続きを読む こういうの「悪文」って言っていいかなぁ

内部参照の問題

翻訳作業の進行管理を現在のクローズドな Bitbucket のままにするか、フルオープンな Github に移行するかという問題。

Github フレーバーの markdown でも、自動でリンクが生成されないとはいえ、Github 上のファイルをブラウザで見ると脚注がちゃんと表示されることがわかった。

なら、Github フレーバーでいいんじゃないか、とも思うが、『ル・ギード・キュリネール』の場合、電子文書(なんかお役所的な表現だなぁ)としても、紙の本の原稿としても成立させられるフォーマットとして考えたとき、内部参照の問題がどうしても出てくる。

たとえば、原書425ページに出てくる「牛フィレ フィナンシエール」のレシピの原文は……

続きを読む 内部参照の問題

『ル・ギード・キュリネール』新訳プロジェクトに Bitbucket を使う理由

翻訳作業の協力を募っていて、手を挙げてくださる方もいるのだが、バージョン管理に用いている Bitbucket と markdown 書式対応エディタ(Atomなど)あたりの問題が、敷居を高くしているんじゃないかと危惧している。

そんなわけで、なぜ翻訳作業に、本来はプログラム開発用のツールである Bitbucket を使っているのか、簡単に説明しておく。メリットは、ファイルに手を加えて「コミット」(=サーバーにあるファイルに対して変更を提案すること、新規にファイルをアップロードすること)すると、それが記録されて、前の状態のファイルと違うところを色違いで表示してくれる。

以下はスクリーンショットなのでちょっと見辛いかも知れないが、

続きを読む 『ル・ギード・キュリネール』新訳プロジェクトに Bitbucket を使う理由

エスコフィエ『料理の手引き』翻訳作業協力者を募集します

当面のあいだ、この投稿をトップに表示させてください。

以下の文も先日FBに書いたものですが、あらためて自分のブログで公開します。


エスコフィエ『ル・ギード・キュリネール』英訳本の第5版にはヘストン・ブルメンタールが序文を寄せています。カバーには “We eat as we eat because of Escoffier” とあります。ヘストンはその序文で自らを “self-taught chef” だと言っています。フランス料理業界的な日本語だと「独学者」とか「オートディダクト」ですね。

その self-taught chef、日本で一般むけには「奇想天外な料理を作るシェフ」みたいに紹介されることも多いようですが、ものすごくいろんな店で食事をし、ものすごくたくさんの料理書を読んで、当然ながらそれらの料理書にあるレシピをいろいろ作ってみて、その結果として self-taught chef になったわけです。

その序文の中ですごくいいことを書いているので、一部だけ日本語に訳して引用させてもらいますと……

続きを読む エスコフィエ『料理の手引き』翻訳作業協力者を募集します