レ プゥス ヴェールはフランス語で「緑の親指」。英語のグリーンサムとおなじで、植物を育てるのが上手なひとの意味です。

群馬県高崎市倉渕町(旧倉渕村)で2006年からヨーロッパ品種を中心に野菜をつくってレストランなどに販売しています。西洋料理にしっくり来るおいしい野菜を目標にしています。

また、フランス・イタリア食文化研究、料理フランス語翻訳もやっています。

五島 学

東京都立大学大学院博士課程単位取得満期退学(仏文学専攻)。大学非常勤講師を経て2005年新規就農。2006年からヨーロッパ品種の野菜生産に取り組む。翻訳業・農業。柴田書店「月刊 専門料理」連載「エスコフィエを読む」2011 〜 2014 年。『エスコフィエの新解釈』旭屋出版、2018 年。エスコフィエ『料理の手引き』、2022年(電子書籍)。「月刊 専門料理」フランス語校正。コレージュキュリネール日本 Collège Culinaire du Japon 会員。

主な取引先

志摩観光ホテル

ラ・トゥーエル

ラ・メゾン・クルティーヌ

エピュレ

 

WEBショップ

 

雑誌掲載とフランス料理関係の翻訳

「料理通信」2010年10月号 第2回全国お宝食材コンテストでミニポワローが入選

※当時は「まきもの屋」という屋号でした

 

「料理通信」2010年12月号

翻訳・注釈 「月刊 専門料理」連載「エスコフィエを読む」(柴田書店 2011年1月号〜2014年6月号)

翻訳 フランスのシェフからのメッセージ(「緊急企画 東日本大震災 料理人がいますべきこと、できること」)「月刊専門料理」 2011年5月号 柴田書店(分担訳)

翻訳、座談会「月刊 専門料理」 2011年8月号「エスコフィエを作る!」(柴田書店)

翻訳、コメント「月刊 専門料理」 2012年12月号「エスコフィエを作る!」(柴田書店)

「月刊 専門料理」 2013年10月号「いまこの男と話したい」(柴田書店)

「月刊 専門料理」 2013年10月号(記事+対談)「フランス語を学ぶには」

「考える人」2014年冬号No.47(新潮社)

翻訳・注釈 オフィススノウ編『エスコフィエの新解釈』旭屋出版、2018年

翻訳・注釈 電子書籍版 新訳 オーギュスト・エスコフィエ『料理の手引き』 2022年

あわせてお読みください

野菜つくりのこだわり

 

エスコフィエ『料理の手引き』翻訳者セルフインタビュー

 

 

MENU
Right Menu Icon
0
YOUR CART
  • No products in the cart.