pandoc による epub へのフォント埋め込み

pandoc 用 defaults.yaml (フォントファイルを同階層に置く場合)

epub-fonts:
      - texgyrepagella-regular.otf
      - texgyrepagella-bold.otf
      - texgyrepagella-italic.otf
      - texgyrepagella-bolditalic.otf

style.css パスに小文字で ../fonts/フォント名 と書くのがポイント。欧文書体を活かすには font-family の指定で 欧文書体、和文書体の順で指定すること。

@font-face {
font-family: "TeX Gyre Pagella";
font-style: normal;
font-weight: normal;
src: url("../fonts/texgyrepagella-regular.otf");
}
@font-face {
font-family: "TeX Gyre Pagella";
font-style: normal;
font-weight: bold;
src: url("../fonts/texgyrepagella-bold.otf");
}
@font-face {
font-family: "TeX Gyre Pagella";
font-style: italic;
font-weight: normal;
src: url("../fonts/texgyrepagella-italic.otf");
}
@font-face {
font-family: "TeX Gyre Pagella";
font-style: italic;
font-weight: bold;
src: url("../fonts/texgyrepagella-bolditalic.otf");
}

body, p {
    font-family: "TeX Gyre Pagella", "ヒラギノ明朝 ProN", "HiraMinProN-W3", "游明朝体", "Yu Mincho", serif;
}

分数は数式なので注意。

「エスコフィエの新解釈」

(画像をタップするとアマゾンの詳細ページに跳びます)

8月末に出た本ですが、僕は原書『料理の手引き』の抜粋の翻訳と注釈を協力させていただきました。

ソフトカバーですが豪華本といってもいいくらいの素晴らしい装丁と装本で、贈り物にも最適だと思います。

もちろん内容は、新進気鋭の若手からベテランにいたるまで料理人さんたちの創意工夫が盛りだくさん。読みこめば「応用力」が身につくことは確実です。